Home » 絶対音感について

絶対音感について


絶対音感とは? 絶対とは<絶対に良い音感>という意味ではありません。
<他と関係なくそれ自体>という意味です。
反対の意味は<相対>です。
他の音と比べずに突然聞こえた音が、ドレミと言い当てる音感のことです。
絶対音感を持つことによってどんな素晴らしいことがあるのでしょうか?

まず耳で聞くだけで、音名がわかり、楽譜に書いたり、楽器で演奏したりできます。
訓練すれば絶対音感がなくてもできないわけではありませんが、調性の枠組みがはっきりしない曲になるとなかなか聞き取れません。
また作曲する場合、実際に楽器で音を出さなくても頭の中で音がイメージできるので大変有利です。そして音楽活動の幅が広がります。

以前は遺伝であるといわれたり、生まれつきであるといわれていました。
しかし現在では、お稽古で身につくものと実証されています。
江口式絶対音感プログラムでは、和音の音色を記憶し、クロマでとらえていきます。
その後単音を分化させ、鍵盤の88鍵の音がわかるようになります。
ご自宅で一日に4回から5回のはたのお稽古を行い、記録をつけていきます。
レッスンの時に記録を確認しながら、次のステップへと進んでいきます。
ご家族の協力が必要です。
それが、お子様への素晴らしいプレゼントになることでしょう。

どんなお子様でも習得できます!
あなたは絶対音感という言葉をご存知ですか?

特殊な能力とお思いかもしれませんが、6歳くらいまでのお子さんならだれでもお稽古によってつけることができます。※1

お母様が子供に与えてあげられる、素晴らしいプレゼントなのです!

絶対音感があるとなぜ素晴らしいのでしょう?

それは一生音楽の活動の幅を広げていけるということです。

音を聞いて音名がわかる。

耳で聞くだけで楽譜に書いたり、楽器で演奏したりもできます。

頭の中で音楽を組み立てて作曲もできます。

江口式絶対音感プログラムに沿って、確実に絶対音感を身につけていきましょう。

※1 いくつかの条件を満たした場合です。

 

イベント

9月 2017
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
© iwai music 101. All Right Reserved.